Revo Technikが開発した(OBD-Ⅱシリアルポートプログラミング)。これはマッピングの変更領域を無限に広げ、エンジンからモアパワーを引き出すことを可能にしました。 ユーザー自身がECU内のマッピングの変更を可能にし、わずか数十分で ECUプログラムのソフトウエアのインストールが完了します。
そして、そのパフォーマンスの高さは多くのユーザーから高い評価を頂き、すでに国内正規ディーラーが20店舗を超えております。

Revo Technikは決してエンジンパワーという数値だけを追求しているわけではありません。

Revo Technikはまず、運転のしやすさ、ドライビングをいかに楽しめるかにプライオリティをおいています。

エンジンパワーが他のチューナーより高いのは、そうした特性を実現した上でエンジンの効率を高める事で達成でき、副次元的結果に過ぎないのです。 数値上のピークパワーを必要以上に追わない車のポテンシャルだけで判断するのではなく、それを操るドライバーに合わせたソフトウェアを開発するのが基本方針です。

エンジン効率を高める、その結果燃料を無駄なく効果よく消費する。つまりこれから私達自身が真剣に考えていかなければいけない、 地球人として環境を考え、それに考慮したカーライフを提案していきたいと考えております。